RSS | ATOM | SEARCH
        
0
    「父の日の贈答は酒が定番」は本当かも知れないが、安直にすぎる件について

     

     

     

    父の日というものがございます。

    私も親父でして、それなりに父の日は

    意識せず、意識しておるのであります。

     

    母に比べれば、父の存在というのは

    弱いものでありまして、今や、父の日はいわゆる人気投票的な

    バロメーターも同然といった風になってまいりました。

     

    昨日、6月21日は「父の日」であります。

    世のお父さん方は、21日をいかが過ごされたのでありましょうか。

     

    お父さんによっては、合格を待つ受験生のような気持ちの方もいた

    とお察し申し上げます。別に何か物がほしいというわけでもありません。

    気になるのは、やはり、子どもらの父に対する思いなわけです。

     

    しかし、この面倒というか、ややこしい日は誰が作ったんだと

    思ってしまうわけですね。おそらく母の日があるから、

    不公平だとばかりに、ついでに作ったんじゃないかという気はします。

     

     

    父の日について考える

    ---------------------------------------------------------------------------

    ウィキペディアを見ますと、父の日の由来が書いてあったので

    ご紹介しますと

    父の日(ちちのひ)は、父に感謝を表す日。アメリカのドッド夫人が『母の日』にならって、父親に感謝するために

    白いバラを贈ったのが始まり。

     

    1909年にアメリカ・ワシントン州・州スポケーンのソノラ・スマート・ドッドが、男手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、協会の牧師にお願いして父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけと言われている。

     

    彼女が幼い頃、南北戦争が勃発。父ウィリアムが召集され、彼女を含む子供6人は母親が育てることになるが、母親は過労が元でウィリアムの復員後まもなく亡くなった。以来男手1つで育てられたが、ウィリアムも子供達が皆成人した後、亡くなった。

     

    最初の父の日の祝典は、その翌年の1910年6月19日にスポケーンで行われた。当時すでに母の日が始まっていたため、彼女は父の日もあるべきだと考え、「母の日のように父に感謝する日を」と牧師協会へ嘆願して始まった。

     

    ウィキペディアより抜粋

     

    やっぱり、親父の予想したとおり、「母の日」のついでに

    作られたことは明白ですな。

     

    まあ、嫉妬しても仕方がない。なにせ、あちらさん(母)は十月十日

    腹の中で養ったわけでございまして、こちとらの努力といえば

    一晩、それなりの努力をしたに過ぎないわけでございますから・・

     

    いやいや、そんな話ではない。一晩の努力は置いといて

    彼らを一人前にするにあたっては、嫌な上司にも、客にも頭を下げ

    休むことなく働き続けた自負があるではありませんか。

     

    親父だって、多少なりの評価をいただかないと。

    そんな忸怩(じくじ)たる思いの中、迎えた「父の日」なのでありました。

    そんなことを考えはじめますと、親父の多少のスネの傷と申しますか、

     

    過去の減点行為が脳裏をよぎるようになります。

    まるで、あの世で、閻魔の前に引きずり出されたように

    不思議な胸の内になっていくのでありますなあ。

     

    読者の皆さんの中には、お前の減点行為とはと気にされる向きも

    あろうかと思いますが、ここは一つ武士の情けで、お見逃しいただきたい。

     

     

    世のお父さん諸君!父の日は不定期にくると知れ

     

    子供が幼い時には「父の日」も「母の日」と同様に

    扱ってくれていました。あれは幼稚園や保育園の先生が

    気をつかってくれているのではありますがね。

     

    そして定番のように「父の似顔絵」などを持ってくるのでありますね。

    クレヨンで塗りたくり。ヒゲの点々が、親父をしている実感として

    とらえられるのであります。

     

    けっしてウマいとは言いがたい絵でありながら、時には名画のごとき

    感動を覚えたものであります。

     

    子供達が中学や高校になりますと、それなりに反抗期もあり

    父の日のプレゼントなどは遠ざかり、家内が気をきかせて

    今日は、父の日だからと手料理を振る舞う程度でございます。

     

    子供らが、さらに成長しますと、親父の感心などは薄れる一方でありますから

    父の日のプレゼントなどは、何か、思いついた年に限られる

    ようになるのであります。(若いお父さんはご覚悟あれ)

     

    そうこうして、「父の日」というのは形骸化され、風化し、不定期になる

    運命を辿っていくのであります。さて、昨日の結果やいかに。

     

     

    2020年の「父の日」は成立するのか? 素通りなのか?

     

    ちなみに今まで「父の日」に、子供らから頂いた

    ありがたい気持ちの品々はと言いますと、

     

    ●道ばたにあった変な形の石ころ

    ●「わたしの似顔絵」を3枚

    ●へびの抜け殻(息子が縁起物だと言って)-現在も使用中

    ●ピンク色の腹巻き(娘から)-2〜3回使用

    ●ライターとパイプ(当時は喫煙者だったので)

    ●新日本プロレスのタオル(アントニオ猪木風な)

    ●コスメセット(鼻毛切りとか櫛とか)娘が私の鼻毛を気にしていたからか

    ●ハズキルーペ

    ●作務衣と羽織

    ●利き酒セット

    ●越乃寒梅

    ●ぐい呑みと焼酎サーバー

     

    考えてみれば、諸々あるのでありますが、近年は「酒」が定番

    になってしまった感がぬぐえない。

     

    こうなりますと、「親父は『酒』でいいよ。」という安直さが

    気になるのであります。

     

    蛇の抜け殻をいただいていた頃が懐かしい。上記には「抜け殻」としか

    書きませんでしたが、「抜け殻」を褒めたこともあり、

     

    その翌年は箱いっぱいに「せみの抜け殻」や、何だかよくわからない

    「抜け殻」もプレゼントされたこともあるのであります。

    親父していて、楽しかったのも、この頃だったのかもしれません。

     

    「お前も抜け殻だろう」というヤジが聞こえてきますが

    まあ、この年になりますと、皆さんご同様でございますよ。

     

    しかし、皆さん。

    「母の日」は定期便、

    「父の日」は不定期便

    お宅はいかがですか?

     

    まあ、こんなもんでしょう。

     

    「えっ、昨日?」

     

    家族でお食事でした。

     

     

     

     

    author:酒呑仙人見習, category:酒呑仙人 物申す, 14:36
    comments(0), -
            
    0
      令和と平成は引き算と割り算、昭和は足し算と掛け算、そして平方すると・・

       

      私は一日本人として

      それは真面目に生きてまいりました。

      いやホント大まじめでございますよ。

       

      しかし、この真面目というのは

      なかなかに辛い。あなたもそう思うでしょう。

       

      勉強するにも真面目、仕事をするにも真面目

      遊びや酒を飲むのも真面目、まさに昭和であります。

       

      ところが、年を経て、端と気づく。

      真面目って奴のおかげでえらく損をしたのではないか

      あなた、どう思います。

       

      昭和生まれの中には〇〇景気などと言いまして

      世の中がバラ色にに見える時代を経験しておられる方も

      いらっしゃいます。

       

      こうした方々の頭の中は、常に足し算と掛け算しかない。

      どうやったら生活が豊かになるか、出世するか、儲かるか

      つまり、引き算も割り算もないんでありますよ。

       

      ____________________________

      ここで初めてお立ち寄りのあなたに申しあげておきますが

      本ブログは「日本酒に役にたつとか、〇〇に為になる」といった

      ものは一切ございません。

       

      言うなれば、オヤジが酒飲んで愚痴るブログのようなものであります。

      あまり、レベルの高い要求をされますと、何年もブログが開く事態

      となりますのでご了承を

      ____________________________

       

      話を戻しますと

       

      平成だ、令和だの時代ってのは引き算と割り算の時代になるのか

      と感じているのであります。どうも引き算や割り算ってのは嫌な気分

      になりますが、年をとってご隠居のようになってきますと

       

      なぜか、そう見えてくる。「終活」という言葉は人間の「閉店準備」

      しまいですから、余計な物を始末にかかるわけであります。要するに

      引き算であります。

       

      さんざんに頑張って作ってきたものも息子や娘に、会社も後継者に譲る

      これもまた割り算なんでありますね。でも、生きてる間にやらないと

      誰がどう引き算して割り算するか、全くもってわからなくなる。

       

      しかし、引き算や割り算で見えてくることがある。

      悪いことばかりじゃない。引き算の結果、全てがスッキリして

      見えてくることがある。物がなくなると心が軽くなる。

       

      考えて見れば、昔の日本人は足し算と引き算をほどよく

      やっていた気がする。

       

      例えば、歴史的な日本家屋には物がほとんどない。中には丸窓や縁側で

      外の景色を家に取り込む借景などというものがありますな。これが西洋

      や支那あたりだと大仰な家具や花瓶を並べるたてる。

       

      でも日本の家屋にはこれがない。なのに心が落ち着く、茶室も花一輪

      一服の掛け軸がゴージャスに見えることがある。日本の侘び寂びの良さ

      も実は引き算と割り算かもしれないですな。

       

      日本という国も伊藤博文が初代内閣総理大臣になったのは40代

      ではなかったかと記憶していますが、現代では60代の安倍総理でさえ

      若いとされるわけです。

       

      日本も、今一度、精算して綺麗にすることが大切なような気がします。

      とりわけ不要と思われる物や問題を整理しなければ前に進めません。

      いや。政治に口を出すつもりはございませんがね。

       

      それでも気がかりなんでございますよ。墓の下で「言っておきたかった」

      なんてのも良くないので、ただ、日本国を綺麗に整理できる御方がいるのか

      どうなのか。心配で心配で

       

      話はまた明日にしましょう。

       

       

       

       

       

      author:酒呑仙人見習, category:酒呑仙人 物申す, 06:48
      comments(0), -
              
      0
        テレビは捨てた。YOUTUBEで若い先生に学ぶのもいいぞよ。中高年の皆さん。

         

        最近何かと腕を上げているオヤジです.

         

        暇にあかせてパソコンの勉強しています。

        最近はテレビも見ないので YouTube だけが私のメディアです。

         

        そのせいか教育系 You Tuberと言われる方ののチャンネルを結構見てます。

        今日は中高年にお勧めしたい YouTuber 教育チャンネルご紹介します。

         

        今更、勉強は嫌だという中高年の方もいらっしゃいます。

        いえいえ、死ぬまで勉強。

        この姿勢で行かないとすぐボケます。

         

        お一人は以前にも紹介したことがある先生。

        イナワクTVの川島先生。

        中高年も手取り足取り教えてくれますぞ。

         

         

        もう一人はお若い方です。

        今まででパソコンは難しいと思っていた中高年の皆さん。

        これを機会に是非勉強してみてください

        それではご紹介しましょう

         

         

        金子晃之さんです。いや金子晃之先生です。

        私、けっこう長くパソコン使ってきてたんですが

        全くのド素人だと気づかされてしまいました。

         

        まさに目からウロコの内容です。

        ちょっと以前は難しい、面倒と思ってたマクロも

        よ〜くわかるようになりました。

         

        現役の時にやっておけば、「パソコン音痴」の汚名を

        着ないですんだのにという後悔がふと

        脳裏に浮かんでしまいました。

         

         

        今日は若い人に学ぶシリーズですか。

        料理も若い先生に学んでます。

        それが下です。

         

        最後にコレ買っちゃいました。

        いつも酒飲んで料理つくってるお兄さん

        リュージさんです。

         

         

        私のブログでは何度か紹介しています。

        最近では、「砂肝と大葉」ってのを試してみたんですが

        良いですね。

         

        以前はインスタントラーメン、

        塩ラーメンに日本酒を入れると美味くなるというんで

        やってみたんですが、なるほどでした。

         

        とにかく、彼の料理は簡単で美味い。

        『酒飲みは酒の肴を知る』というわけで

        面倒なレシピや、調味料のグダグダがないところが

        私のお気に入りです。

         

        最新刊が出たというので、

        アマゾンで私は

        取り敢えず電子書籍で買いました。

         

        明日からの酒ライフが楽しくなるぞ

        料理の腕もあげてやるぞ。

         

        武漢肺炎と戦うオヤジでした。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        author:酒呑仙人見習, category:酒呑仙人 物申す, 10:05
        comments(0), -
                
        0
          日本酒は日本人のものです。日本酒の国際化に一人反対する親父です。

          日本酒は日本のものです。

          日本文化そのものです。

          日本酒は旨い。

           

          でもこれが世界に広まりすぎると

          日本酒が変質し、やがて傷つき、ボロボロにされ、

          本来のものとちがうものにされるのではないかと不安です。

           

          ついこの間までグローバル化が叫ばれ、

          なんでも輸出の対象にされ、外貨稼ぎにやっきになる風潮が根付き、

          金になるものは何でも売り渡す。

           

          どこかに大事なものを忘れてきてしまった感があります。

          何が言いたいかと言いますと、日本人は保守的でありながら

          実は新しいものが大好きなんです。

           

          そのために最近は、古い物、大切な物を

          省みることが少なくなりました。私、親父もついつい美味い酒と聞くと、

          あれやこれやと手を出してしまう。これをちょっと反省してみようと

          思うわけです。

           

           

          つまり、こんな ことをしていると地元の良い酒蔵が減って行く道理です。

          これを自然淘汰というのは簡単ですが、違います。

          残すべき酒、残すべき酒蔵を次ぎの呑兵衛に伝えるためには、愛情が必要です。

           

          例えて言えば、浮気はほどほどにして母ちゃんを徹底的に愛するぞ

          というようなことですか、

           

          今までの自分をふりかえれば、まるで光源氏がごとくに酒を愛する

          というような有様で、世間を見ても、世の中には

          銘酒だけを追いかける方もいらっしゃる。

           

          他の人が羨むような、または高額でお大臣しか買えないような酒を求める。

          それを最近ではユーチューブやインスタグラム、SNSで発信する。

           

          悪いとは言いませんが、何か本来の日本酒の愛し方、飲み方とは

          違うという違和感を感じるようになりました。ユーチューブが普及し、

          お金になるとわかった途端にユーチューバーなる方が増えてきた。

          (ごめんなさい。悪気ではありません。)

           

          昨日はテレビで映っていた方もユーチューブに数多く登場してくる。

          そうなると、だんだん本来の良さも、本質も薄れ、やがて飽和し、廃れていく。

          そうなった時には枯れ野のようになっているのではないか。

           

          そんな一抹の不安がよぎってしまったのであります。

           

          おいおい、だからどうするのだと問われれば、

           

          要するに、自分が愛する酒をメインに買い続けることが

          大事なんですね。この年になって、やっとそのことが腑に落ちる

          ようになってきたということです。

           

          この思いを貴方にも分かってほしいということでした。

           

          これからは一生添い遂げるような日本酒探しをしていきたい

          と思うわけです。自分がもっとも愛してやまない酒、

          究極ともいうべき日本酒は何だと言われると、これがまた難しい。

           

          長年の光源氏のような酒ライフではハタと答えに窮してしまう。

          貴方はどうです。自分のための銘酒を選ぶとなると、これはこれで至難の業。

          まるで独身男が理想の女性を求めるような感じでありますよ。

           

          脳裏に浮かんでは消え、また別の美人が現れる。

          そうした調子で全く埒があかない。

           

          親父が女房を選ぶときは、これほど悩まなかった。

          なぜ今悩む。不思議なものでありますねえ。

          結婚したときは深慮というよりは勢いだったのかな。

           

          まあ、これからは本気の酒さがしと参りましょうか。

           

          合掌

          author:酒呑仙人見習, category:酒呑仙人 物申す, 16:19
          comments(0), -
                  
          0
            またたびと大衆演劇を語るとお酒が美味くなる

             

            またたびというのはクセになりますな。

            猫のことではありません。

             

            ここで言うまたたびとは股旅物(またたびもの)のことでございます。

            最近は時代劇も少なくなり。中でも股旅ものはほとんど放映されない。

             

            昔は木枯らし紋次郎だの、清水次郎長だのといったものから

            笹川繁蔵の食客で平手造酒(ひらてみき)なんて方もいて。

            酒飲みだがめっぽう強い侍のエピソードもあった。

             

            多くの俳優さんが演じたが、自分としては大友柳太郎さんがしっくりきてた

            覚えがありますね。ところで第20回股旅演芸東北大会というのが

            あったのをご存じでしょうか。

             

            優勝者演目「流転三度笠」をリンクづけしておきましょう。

            股旅ものといえばこの衣装でしょう。

             

             

            今やこうしたものも見に行けないご時世ですからね。

            なぜかマタタビものと大衆演劇は切っても切れないものですね。

            そうそう。皆さん方は覚えていますかあの名作。

             

            淋しいのはお前だけじゃない」この作品はグッときますね。

            いつも悩むんですこの DVD 買おうか買うまいか。今回こそは買ってしまおうと。

            「淋しいのはお前だけじゃない」をご存じない方はこちらをチェック

            《放送日》 1982年6月〜8月(連続ドラマ)
            《脚本》 市川森一
            《出演》 西田敏行 木の実ナナ 萬田久子 河原崎長一郎 山本亘 潮哲也 矢崎滋 小野武彦 梅沢富美男 尾藤イサオ 橋爪功 佐々木すみ江 原保美 泉 ピン子 財津一郎
            《最高視聴率》 13.5%

            Amazonレビュー

               西田敏行、木の実ナナ、泉ピン子、さらに梅沢富美男という芸達者たちを迎えて制作された1982年放送のTBS金曜ドラマ。脚本は市川森一が手がけている。   サラ金の取り立て屋・沼田は、取り立て先の旅芸人・市太郎と常子に同情して逃がそうとするが失敗し、その借金2000万円の連帯保証人にされてしまう。やがて沼田と常子らは、他の債務者とともに旅芸人一座を結成。興行で借金を返していこうとするが、債権者の国分はさらに彼らを追いつめる…。
               サラ金という現代的な社会問題と、アナクロな魅力の大衆演劇を組み合わせた設定の妙が光る傑作。軽妙なやり取りに笑い、人情にほろりとするというエピソードの作りも大衆演劇そのもので、大いに楽しめる。さらに、仇である国分を一座が“芝居で殺す”ことを企てる最終話には、コンゲーム的おもしろさも。関わったキャスト、スタッフが、今なお思い入れがあると語るのも納得のおもしろさだ。(安川正吾)

             

             

            主演は西田敏行さんですが、浜ちゃんしか知らない世代は

            良い意味での西田敏行さんの演技の深さがよく分かる。

            こうした毒のある演技がなくなりましたね浜ちゃんになってから。

             

            ビートたけしのヤクザ映画の西田敏行より、

            この頃の演技の方が私は好きです。

             

             

            ところで、最近の政治を見ていると、

            おいらも国定忠治になろうかな

            なんて思ってしまいます。

             

            本日は言いたいことを書いただけです。

            ごめんなさい。

             

             

            author:酒呑仙人見習, category:酒呑仙人 物申す, 10:50
            comments(0), -