RSS | ATOM | SEARCH
        
0
    CGCは酒飲みの救世主になれるか?88円の酎ハイはもはや命の水と化す

    CGCは酒飲みの救世主になれるか?

    88円の酎ハイはもはや命の水と化す

     

    皆さんCGCをご存じですか。小生は恥ずかしながら

    中国大陸にある会社だとばかり思っておりました。

    CGCさんごめんなさい。

     

    普段、スーパーや買い物には疎い親父でございまして、

    以前からお見かけはしていたのでございます。

     

    まだご存じのない私のような方が勘違いされては、

    会社も迷惑であろうと存じますので、本日はお詫び方々

    CGC様のご紹介をさせていただきます。

     

     

    ■CGCは日本屈指の中小企業応援企業だった!

     

    ネットで検索しますと次の一文がありました。

    株式会社シジシージャパンは、日本のスーパーマーケットの共同出資により

    「CGC」の名称でプライベートブランドを運営する株式会社である。

    これだけでは、親父の酒で弱った頭では理解ができない。

    さらに公式ホームページでお勉強というわけでございます。

    どれどれ会社設立の理念は・・・

     

    1973年、原油価格が高騰し、トイレットペーパーや洗剤など石油関連商品が店頭からなくなり、わずかな商品を求めてお客様が殺到するパニックが起きました。その時、「お客様に良い商品をより安く、安定的に提供できるパワーを持つためには、全国規模でまとまることが必要」と考えた各地の中堅・中小スーパーマーケットが東京・新宿にある株式会社三徳の呼びかけに応じて結集したのが、CGCグループです。その本部機能を担っているのが、シジシージャパンです。

                                            参照:CGCホームページより

    なぬ。1973年? たしか1973年というと1972年の翌年。(当たり前や)

    日本にとって1972年はたいへんな年でした。忘れもしません。

    札幌オリンピックがあり、スキーで笠谷、青地、金野が三冠をとりました。

     

     

    もとえ、金銀銅の三冠です。それだけではありません。

    7月には田中角栄内閣が発足し、日中国交正常化や

    沖縄返還が行われた年でした。

     

    海の外では、ニクソン大統領が訪中した年でもあります。そして

    その後にウオーターゲート事件が起き、オイルショックに繫がった

    わけです。酒で弱った親父の脳裏にも蘇ってまいりましたぞ。

     

    オイルショック並み? | 私のet cetera

     

     

    つまり、当時はオイルショックで『トイレットペーパー』が不足する

    というので、おばはん達が(失礼)主婦の皆様方が、我も我もと

    スーパーや小売店に押しかけてたいへんな騒ぎになりました。

     

    ちなみに我が家でも

    『ウ〇コできない〜』

    『新聞紙で代用したらどや』

    とか言っておりましたですな。ハイ。

     

    これがきっかけとなって三徳はんが「中小企業で団結しようぜ」

    というわけで会社ができたというわけですな。

    単なる金儲けだけの会社とは違うちゅうわけですな。

     

    エラい。エラいなあ。

     

     

    ■CGC商品を応援しよう。どこで買えるン

     

    ちなみにこの記事を書くきっかけになった酎ハイはなんと88円

    ハッキリ言って、今どきのジュースでもこんな値段はない。

    我が家で購入している水と変わらん料金です。

     

    もうこうなったら、親父は『水代わりに飲んでまうど』などと

    思ってしまうわけです。夏の暑い時期だと本当に4〜5本は軽く

    いけそうです。

     

    コロナで世知辛い中で、これは酒飲みにとっては朗報です。

    この値段だと箱買いで2〜3箱在庫しておいても良さそうです。

    近所の飲み会でも使えそうですし、家庭の常備酒に決まりです。

     

    どこで買えるのかといえばお近くのスーパーですわ。

    CGCと取引している全国の中小の小売りさんや地方スーパーさんは

    こちらで確認できます。(下のテキストをクリック)

     

    あなたの街のCGC加盟店

     

     

     

    ■CGCは思ったよりすご〜い大きい会社でした。

     

    CGCブランドをお店で見たときは「ちっさい中小企業ですという

    ところが作ってるんちゃうか?」と思っていたわけです。

     

    調べて見ますとね

     

    総企業数 208社とある。総店舗数 4167店 これだけでも驚きますが

    総年商はなんと、なんと4兆6997億円。(絶句)どひゃあ〜

    総合商社の三井物産で7兆円、住友商事で5兆円と変わらない規模じゃないですか。

     

    イオンが8兆円ですから、確かに及びませんが

    なかなかの健闘ぶりです。思わず心の中で『頑張れCGC』と叫びたくなる。

    なぜって日本は中小企業で成り立っている国です。

     

    これからはCGC目当てで買い物だと決心した次第です(単純な男です。)

     

     

    ■CGCの酎ハイの味は?大丈夫か。

     

     

    CGCの酎ハイははっきり言ってOEMです。

    つまり相手先ブランドというわけで

    製造者は宝酒造でございました。

     

    嘘だと思ったら確認してみてください。

    宝酒造やサントリーならば他の酎ハイと同じです。

    全く心配には及びません。

     

    味も宝酒造の酎ハイと飲み比べても

    違いはないようです。値段が安くなっているのは

    CGCさまの量販に勢いがあるからでしょう。

     

     

    ■日本の消費者はCGCを応援しよう。

     

    話題の“廃墟のショッピングモール”、初売りに行ってみた〜驚きの貼り紙や館内放送も…

     

    昭和から平成にかけて大型ショッピングセンターやモールが

    たくさんできました。米国で親父が初めてモールを見た時は

    日本にそうした大規模な店はありませんでした。

     

    その時は正直『日本にもこんな店あったらいいなあ』と

    思ったものですが、最近は『これは、あかん』と思っています。

    日本にあった既存の店を潰し、挙げ句、大型店自身も廃業していく。

     

    結局、いいことばかりではない。むしろ家族で何代も経営していた

    お店が、地方ではどうしても必要です。皮肉なことに小さなお店は

    都会でしか生き残れなくなっているのが現状です。

     

    CGCはそうした中小のお店やスーパーに商品を提供する

    コンテンツメーカーでああったり、商社のように流通を

    うながす会社でした。

     

     

    取り敢えず、親父は酎ハイを

    5箱大人買いだ。エッヘン。

     

     

    本日もお読みくださり感謝です。合掌

     

    author:酒呑仙人見習, category:お酒類, 21:20
    comments(0), -
            
    0
      秋は新米と新酒で大いに心が奮えます。私の贈答【ひやおろし3選】】

      秋は新米と新酒で嬉しい季節です。今年もお世話に

      なった方々に新米と新酒をおくることにしました。

       

      新米は地元米で選ぶことになりますが、新酒は毎年、住んでいる土地に

      こだわらず送ることにしています。本日は親父が選ぶ新酒3選

      というわけです。

       

      この3選は私の贈答作戦の一環です。

       

      ところで、新米を買いに出かけた先のある直売所で純米酒を

      見かけたのですが、この純米酒が冷やおろしになってしまった

      というのです。

       

      元々は冷やおろしで売る予定ではなかったのですが(火入れは一回)

      たまたま暑い夏をすぎ、今年の外気温とタンクで寝ていた純米酒

      がいい塩梅になったので冷蔵して売ることにしたのだそうです。

       

      やはりこの季節は日本酒好きには「ひやおろし」が一番。

      そうしたこともあって3選を選ぶことにします。本来なら3選でも

      5選でも良いのですが、聞くところによりますと

      ※「ひやおろし」は9月〜11月が飲み頃

       

      人間というのは3という数字が一番自然らしいのであります。

      例えば、数を数えるときも人は無意識に3ケづづの単位で数えて

      いるということです。

       

      そういえば、オリンピックだって運動会だって3位まではあるが

      4位から下はあまり聞かない。小学校の先生が子供に指示を与えるのも

      多くて3ケくらいが丁度いいと言っていました。

       

      そこでクドイのですが「日本酒冷やおろし3選」です

       

      日本酒「冷やおろし」は贈答で喜んでもらえる

       

      日本酒が嫌いな人間は別として、秋の味覚に合う酒といえば「冷やおろし」を

      おいて他にはないというのが私の持論です。

       

      春夏と半年間の熟成を経た酒は、飲み口はまろやか、口の中では味わいが深く

      「冷やおろし」は刺身などの魚介は言うに及ばず、肉類でも相性が良いのです。

       

      秋の食材は脂がのった秋刀魚や松茸などにピッタリの「冷やおろし」を選定

      する大きな理由と言えます。「ひやおろし」は冷酒でも燗でも美味い酒です。

      こうしたことから、贈り先でも必ずや喜んでもらえるわけです。

       

       

      贈答用「日本酒」をAMAZONでお探し方はこちら

       

       

       

      親父が選ぶ「ひやおろし」3選の発表です

       

      青森県、八戸酒造 陸奥八仙(むつはっせん)

       

      加賀鳶 山廃純米吟醸 冷やおろし

       

      青森県 十和田市 鳩正宗 ひやおろし 

       

      言い忘れましたが、冷やおろしは「香り」も重要です。

      昔は「ひやおろし」の香りはそれほど多かったとは思えません。

      江戸時代の「ひやおろし」はどうだったのかは知る由もありませんが・・

       

      「ひやおろし」が江戸の人々の風物詩であったことは事実です。

       

      最近の「ひやおろし」の香りは、一言でいってかなり豊富です。

      私の好きな爽酒だけでなく、薫酒タイプから古酒に近いものまであります。

      「ひやおろし」を簡単に断じることは不可能というものです。

       

      こればかりは自然の熟成というもので神様まかせです。

      そう言えば、ウイスキーでも「天使の分け前」などと

      いう言葉で熟成の妙味を讃えているようです。

       

      偉そうに3選と言いましたが、2本は青森の酒です。

      武漢肺炎が流行しているので旅行は人出をさけ、青森を旅した

      際に飲んだ酒です。正直、個人的に気にいった「ひやおろし」です。

       

      ひやおろしの能書きや説明は書きませんが

      あなたに飲んで頂きたいお酒を3本ご紹介したかった

      ということです。

       

      それでは、本日はここまで

       

       

       

      author:酒呑仙人見習, category:お酒類, 21:20
      comments(0), -
              
      0
        日本酒嫌いが「日本酒大好きに変わる」とき、そこには銘酒の存在がある。

         

        日本酒嫌いです。という方はいい年配の親父でもけっこういるもので

        生来、酒が体質にあわないという方を除けば、ほとんどは経験によっている。

         

        『最近は不味い酒に出合うことがなくなった。』とかく言う酒仙人見習いの私も

        そうした経験の後に美味い酒との出会いがあった。

         

        初めから美味い酒に出会っていれば、誰でもが酒好きになったかもしれない。

        出会いとは大切なものだ。おいらも女房に出会っていなければ・・・

        後は言うまい。(決して否定ではございません。誤解のないように)

         

        人生とはそうしたものだから、それはそれで良いのだ。

        ところで、本日は何を語りたかったかを忘れるところだった。

        その良き出会いの話で、あなたはNO6をご存じだろうか。

         

         

         

        酒好きなら「秋田の新政酒造だね」という答えがすぐにかえってくる。

        このNO6は美味い。たしかに毎日でも飲みたい酒ではある。

         

        しかし、話したいのはNO6ではない。静岡の銘酒「磯自慢」だ。

        なぜ「磯自慢」か。このお酒の魅力は私なりの解釈だが

        「酒嫌い」を「酒好き」に変える妙薬なお酒だからだ。

         

        勉強嫌いの学生を勉強好きにするのは相当にたいへんなことだ。

        もしかするとそんなことは不可能かも知れない。

         

        ところが、「磯自慢」はその奇跡をやってのけるお酒だ。

        先日も娘の友人が自宅に遊びにきて、おいらの晩酌の席にいたのだが、

        酒は何がいいかと聞くと「日本酒以外なら・・」という。

         

        このセリフは捨てておけない。

         

        さりとて娘の大事な友達だから、ごり押しもいかん。

        そこでとっておきの「磯自慢」を振る舞うことにした。

        お猪口で一口目を舐める表情は固い。

         

        内心、これはダメかと思ったら、「美味しい」という。

        結局のところ、皆そうなのだが、

        美味い酒にまだ出会っていないということにしかすぎないのだ。

         

         

         

        前述した新政酒造の8代目佐藤社長も実は『磯自慢』で日本酒に開眼したらしい。

        「磯自慢」に限らず日本の至るところに銘酒が潜んでいる。

         

        日本酒ブームとは言われながら、日本人自体にはブームを感じることは少ない。

        日本酒ブームはどうやら外国人の話だと最近は思ってきた。

        でも、日本人が日本酒を飲まないと確実に酒蔵は減り、酒米も酵母も麹も技法さえも廃れていく。

         

        いま、ブランドと呼ばれる日本酒は経営の危機から、革新的な決断の中で生まれてきた。

        消費者である酒飲みも、皆が日本酒の美味さを教えるガイドたらん

        若い方に酒を振る舞ってもいいように思えるのだ。

         

        酒飲み仙人見習い、かく語るの巻

        でした。

         

         

        author:酒呑仙人見習, category:お酒類, 17:26
        comments(0), -
                
        0
          花見酒は仙禽さくらと紀土の春ノ薫風の2本立てで決めてみたいものだ

           

           

           

          桜の季節ですね,今年は武漢肺炎のせいで、盛大な花見の宴は難しそうですが,

          せめて桜にちなんだお酒が飲みたいものであります。

           

          仙禽さくら」などはいかがでしょうか。

           

          [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

          仙禽 さくら OHANAMI うすにごり生原酒 1800ml
          価格:3600円(税別、送料別)(2020/3/20時点)

           

          仙禽は分かりやすい図柄でまよいませんな。雪だるまから桜といったこの流れが

          素晴らしい。実にわかりやすい。小学生でもまよわない。小学生は飲めませんが。

           

          春らしいお酒が飲みたいですな。

          そろそろ濁りも卒業かと思っていましたが、

          仙禽のさくらは「おりがらみ」なんですね。

           

          ただお正月あたりで飲んでいた濁りとは爽やかさでは

          断然こちらというわけです。

          ただ気をつけねばならないのは温度です。

           

          冷酒は冷やしすぎはいけません。

          ちょっと冷蔵庫の温度よりも少し高いぐらいが飲み頃です。

           

          そうそう「紀土(キッド)春ノ薫風(くんぷう)」というのも良いじゃありませんか。

           

           

           

          実はこの「紀土」。私が写真を撮る間もなく、

          女房と娘が飲み干していたというものです。

           

          女性はラベルに弱いですな。

          (世の女性を敵にするつもりはありません。)

           

          春らしいラベル、可愛らしいラベルだと良いわね、

          となるわけです。つまり見た目が肝心なわけです。

           

          車を選ぶときも色とか外観が全てで、エンジンとかはガン無視です。

          これはすべてにおいてで、男とは全くちがう思考であることを

          思い知らされるわけです。

           

          待てよ。ということは女房が俺を選んだのも外観か(デレ)・・

          まあ、冗談と機械ものはともかく、日本酒のラベルと味がそう違う

          ということもありませんから問題はないのですが・・・

           

          蔵元の皆さん。女性はホントに直感です。製造方法・酒度・精米率、

          全く関心がないようです。少なくとも我が家の女達は『見た目おいしそう。』

          『ラベルがかわいい』のこの二点で全てが解決するという有様です。

           

          トホホ情けない。これは酒の量選びにも関わってくるのであります。

          彼女らの頭の中には一升瓶はダサいという方程式があるようで、

          4合瓶はお手頃、要するに値段よりも、自分が持ち運びやすいサイズ、

          またはワインの感覚なんだろうと思う次第です。

           

           

          「紀土」を飲まれた腹いせで書いているのではありません。

          いや、腹いせかも・・一家の大黒柱が飲む前に飲み干してしまう

          というこの家風はなかなかに放置できないものがあります。

           

          またずれてしまいました。(読みまちがえないように)

          本日は春の酒は何を飲むべきかであります。贔屓にしている酒屋さんであれば、

          気軽に春の酒を相談できるのですが、スーパーとなりますとそうはいかない。

           

          全く日本酒に関心がない売り場などに行きますと、日本酒に季節感などない

          とでもいうような売り場さえ見かけることも少なくありません。

           

          何ごとも好きこそ何とかでして、日本酒売り場の担当は飲み助に当たらせるのが吉

          と思うわけです。そのことを店長さんに相談しましたら、それはそれで問題が多い

          とのことです。推察するとさもありなんということです。

           

          まあお酒にリベラリストはいませんからね。

          要するに多少は偏っているということでしょうか。

           

          酒売り場の担当者は辛口の日本酒で饅頭を肴に飲める

          私のようなタイプしか勤まらないということでしょうか。

           

          本日は花見のお伴は仙禽と紀土ということで

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          author:酒呑仙人見習, category:お酒類, 16:08
          comments(0), -
                  
          0
            料理研究家リュージさんに提案したい日本酒カクテルはこれだ。

             

             最近、私がお気に入りの

             YOUTUBE料理研究家リュージさんのお鍋

            「無水ビール油鍋」をご紹介します。

             

             

             これは、ぜひ試してみたいお鍋です。

             先ず簡単です。それと、独身生活や単身でお暮らしの

             一人老人でも楽しんでいただけるお鍋かなと思いますね。

             

             実は我が家も、家族で揃ってのお鍋は週末に限られる。

             でも、鍋料理は平日でも食べたいですよね

             そこで一人用の土鍋を昨年購入したばかりなんです。

             

              ★レシピはこちら↓

             ーーーーーーーーーーーーーー

            【無水ビールごま油鍋】

             豚バラ肉 200グラム

             白菜 250グラム(約1/8個)

             にんにく 2片

             ビール 大さじ5

             ごま油 大さじ2半

             白だし 小さじ4

             小ねぎ 適量

             白いりごま 適量

             

             ☆シメで 焼きそば麺 1玉

             ★お好みで 塩 ポン酢

             

             このお鍋の内容なら、いろいろなカスタマイズが

             可能な内容なので、冷蔵庫にある材料によっては

             バリエーションが楽しめます。

             

             ちなみにあたしは鍋からとった器の中にニラと「キムチの素」

             いれてみましたがバッチリです。この豚肉や白菜がベース

             ならキムチ鍋とほぼ同じでしょう。

             

               YOUTUBE料理研究家リュージさんの料理日本酒とラーメン

             実際につくったことを記事にさせていただきました。

             まだまだ引き出しがありそうなので楽しみです。

             

             映像では一番搾りのビールを美味そうに飲んでましたが・・

             

             そこで、私も、この鍋にあった『日本酒カクテル』を提案したい

             なということで

             

             本日、これにあう日本酒カクテルは

             いわゆる「白雪姫」というやつです。

            ------------------------------------------------- 

             清酒(吟醸酒の方がスッキリする)

             ヨーグルトリキュール

             カクテルレモン(レモン汁でもポッカレモンでもOK

             

             清酒とヨーグルトは2対1くらいがいいですよ。

             

             昔、関東近辺の某バーのママに教わった

             日本酒を使ったカクテルです。

             みなさんもよろしければお試しあれ。 

             

             

             

             

             

            author:酒呑仙人見習, category:お酒類, 09:56
            comments(0), -