RSS | ATOM | SEARCH
        
0
    実は相撲ファン、朝青龍ではないけれど
     角界も朝青龍に厳しいお灸をすえましたね。仕方ありませんが彼の破天荒なやんちゃは個人的には嫌いではありません。相撲ファン、格闘技ファンを自認する私としては残念です。場所のあるときは両国にも名古屋までも追っかることもしばしばです。

     プロレスは素面で見るのがあたり前、ゴルフはポカリスエット、野球はビール、相撲は日本酒をいただきながら観戦できる唯一のスポーツですから、横綱がでない場所は盛り上がりにかけるのではと心配です。

     角界も随分変わってしまいましたね。私の好きだった『北の富士』を知ってる方も少なくなってきたでしょうね。彼の相撲は上品さを感じる相撲だったんで好きだったなあ。半端でなく応援していましたね。

     相撲界は八百長疑惑があったり、なにやかやとありますがそこがまたいいのであります。変ですか? 人生なんて何でもありですよ。それを見せてくれるのも好きな理由なのかも知れない。

     

     
    author:酒呑仙人見習, category:-, 00:11
    comments(0), trackbacks(0)
    Comment









    Trackback
    url: トラックバック機能は終了しました。