RSS | ATOM | SEARCH
        
0
    スパークリング清酒「澪」と1000年前の源氏物語がつながる

    JUGEMテーマ:日記・一般

    このブログはお急ぎでないときに

    暇つぶしのつもりで軽〜い気持ちでお読み

    いただけると幸いです。

     

     

    「澪」は,なかなかに華やかな飲み物ですな。

     娘に内緒で二本ばかり失敬しましたが。

     在庫が合わないと叱られますので

     急ぎ調達するつもりです。下記から

     

    このスパークリング清酒「澪」ってどんなお酒か知りたい人は

     

    『澪』というネーミングは文字から

    スッキリとした飲みやすさを想像させて

    くれますが、どういう意味合いでつけたのでしょう。

     

    酒は文化です。日本の美意識ですから

    気になります。

     

    メーカーさんによれば

     

    『澪』とは、「浅瀬の水の流れ」、

    「船の通った泡の跡」という意味だそうです。

     

     なんと情景が浮かんでくるではありませんか。

     

    さらに、"浅さ"を低アルコール。

    "泡の跡"を発泡性にたとえ

    清酒の新しい流れを作る、という思い

     

    うまいコピーですな 

     

    浅さ=低アルコール

    船の通った泡の跡=発泡酒の発泡とは

     

    しかも商品に対する熱意と酒の未来に

    挑戦する思いが含まれている。

    素晴らしいね。

     

    そして『MIO』はイタリア語で「私の」という意味。

    「私のお酒」と感じてもらえるよう、願いを込めています。

     

    とありました。

     

    親父も知ってるオーソーレミーオなんですか、

    さすがにそこは知らなんだ。

     

    ただ私は『澪』という言葉をみますとね

    なぜか源氏物語の14帖『澪標(みおつくし)』

    を想像してしまう。

     

    皆さんの中にも、いらっしゃるんじゃないですかそういう方

     

    源氏物語にくわしい方なら

     

    光源氏と明石の御方が交わした和歌ですね

     

    光源氏と明石の御方の関係を知りたい方はこちらを参考に

    けっこうおもしろいです。)

     

    住吉神社に詣でた源氏と難波の湊(みなと)で偶然出逢って

    しまう明石の君に

     

    源氏が

    「みをつくし恋ふるしるしにここまでも

    めぐり逢ひけるえには深しな」

     

     現代的に言えば

     

    「お互いに身を尽くして

    求め合っているせいだろうかこの地で

    あなたと出逢うなんて、なんという縁の

    深さだろう」

     

    さすがプレイボーイのセリフですな。

     

    身を尽くす=みおつくしが掛詞なんですね

     

    そしてここは湊、まあ現在の港のような場所で

    澪標とはもともと水路標識の意味でもありますから

    それも掛詞になってるということです。

     

    そうすると明石の御方が

     

    「数ならで なにはのことも かひなきになど 

     みをつくし 思ひそめけむ」

     

    今風に言いますと

     

    「あなたにとっては、私は大勢の女の中のひとり、

    どうせこの世では結ばれないと諦めていた

    どうして身をつくして、

    あなたに恋してしまったのか」

     

    この和歌だけで

    男女の艶めかしい想いが伝わってくるではないですか。

     

    『澪つくし』は身をつくしでしたか

     

    そういえば、昔NHKでも朝ドラでやっていた記憶がありますね。

     

    「澪』という感じのイメージは日本人の心のしるべということなのか

     

    などと想いふける

    親父でありました。

     

     

    合掌

     

    美味しいのでお薦めで張っちゃいました。

    なんか今なら5%還元だとかありましたので

    気持ちのある人はチェックしてみてください。

    セールが終わっていたら、そのときは

    ご容赦ください。

    アマゾンなら配送料もかからない人も

    おられると思ったものですから

     

     

     

     

     

    author:酒呑仙人見習, category:スパークリング清酒, 18:54
    comments(0), trackbacks(0)
    Comment









    Trackback
    url: トラックバック機能は終了しました。