RSS | ATOM | SEARCH
        
0
    【酒の肴】つまみ缶を越えるふつう缶をゴージャスに宅飲みのおともに

     

     最近はブログ書くより

     相も変わらず、酒に嵌っている

     酒仙人であります。

     

     そこで本日は酒の肴編でございまして

     いつぞやか忘れましたが、つまみ缶の活用を記事にしたことがございます。

     

     いずれもつまらん記事でございまして、お時間が許せば

     一読いただきたく。ハイ

     

     缶つまが還妻になる話

     缶つま、金つま、阪つま 
     

     

     つまみ缶は確かに酒飲みに特化した缶詰ではございますが

     少々お値段が張る。量が少ない。もっと普通の缶詰で気楽に肴したい

     

     となれば値段も安い。さらには健康にもよいのはサバ缶というわけです。

     DHAとEPAが豊富というわけです。

     

     

     ところでDHAってなんですか?

     どこか・へんな・あたまの略ではありません。

     

     ちなみにEPAというのはなんでしょう?

     えろい・ぱぱの・あたまって

     あーた。エロすぎですよ

     

     調べるの面倒くさいのでウイキにリンクはります。

       ※DHA=ドコサヘキサエン酸のウイキの説明ページ

     

     脱線しますが、DHCというのがありますね。

     化粧品とかで有名な会社だそうですが

     だいがく・ほんやく・くらぶの略称だそうです。

     

     おお、なんと素敵なネーミング。

     横文字なのに和物です。

     

     一人酒、宅飲み酒、おいてきぼり酒

     最後の「おいてきぼり」というのは「あたし」のことで

     ございまして、家族がみな「あたし」を放っておく状態

     のことでございます。

     

     こうした場合において、手っ取り早く肴となるのは買い置きした

     缶詰の類いでありますな。あっそうそう。この缶詰というのは

     便利ですが、何時のまにか放っておかれることが多いせいか

     

     賞味期限さえ、とうに過ぎてしまいまして、とんでもない悲劇が

     生じるのでありますよ。つい昨年のことでしたが、

     

     ある日突然、爆発

     缶のふたが内圧で暴発、爆発状態に

     外国物のサーディーンだったと記憶しています。

     

     製造からゆうに10年越えの代物でございました。

     

     以来、缶詰を適度に消費するためには常時、「酒の肴にする作戦」

     となったわけであります。

     

     

     本日のレシピ【鯖缶のなめろう】

     

      材料は下記に(写真撮ってなかったので後日)

      鯖缶:水煮缶ではなく、今回は鯖味噌缶を使います。

         理由は味噌を合わせる手間が省ける

      長葱:我が家で収穫した葱

      生姜:生姜はすってもよし、面倒ならチューブ入りでも

      茗荷:ミョウガはお好みでどうぞ。

      大葉:飾り用となめろう用の2枚あればグッド

     

      長葱、生姜、大葉、ミョウガはみじん切りでボールで

      サバ缶と合わせてください。

     

     もう一品もサバ缶で【鯖缶の荒汁】

     

      材料 鯖缶と長ネギのみ

      調理:鯖缶を手鍋に一缶をあける(サバ缶の水は捨てずに汁へ

         臭み消しにショウガを少々、若干のお水をさして

         味噌で味を調え、火にかける。

         最後に刻み葱をかけてできあがり。

     

     レシピのアイデアがあればコメント欄でご遠慮無くどうぞ

     親父流ですから、雑だなというご批判は当然だと思いますので

     

     

     これはちょっと高級そうなサバ缶のようで一缶180円前後

     24缶入り4380円なりでございます。高いか安いかは考えよう

     ですがリーズナブルかも。

     

     缶詰って一缶一缶買うのも良いのですが、思いきって

     大人買いっていうんですか。それも悪くない。

     

     カミサンに叱られそうになったら、「震災対策」だといって

     難をのがれるのであります。

     

     まあ御近所のスーパーで安いサバ缶はたくさんありますから

     間に合わせましょう。おっと、老婆心ですが、缶詰の原産地

     と製造元は気をつけましょう。

     

     やはり、生ものですので気になりますよね。

     

     それでは、また

     

     

     

    author:酒呑仙人見習, category:酒の肴, 10:47
    comments(0), -
    Comment