RSS | ATOM | SEARCH
        
0
    日本酒は日本人のものです。日本酒の国際化に一人反対する親父です。

    日本酒は日本のものです。

    日本文化そのものです。

    日本酒は旨い。

     

    でもこれが世界に広まりすぎると

    日本酒が変質し、やがて傷つき、ボロボロにされ、

    本来のものとちがうものにされるのではないかと不安です。

     

    ついこの間までグローバル化が叫ばれ、

    なんでも輸出の対象にされ、外貨稼ぎにやっきになる風潮が根付き、

    金になるものは何でも売り渡す。

     

    どこかに大事なものを忘れてきてしまった感があります。

    何が言いたいかと言いますと、日本人は保守的でありながら

    実は新しいものが大好きなんです。

     

    そのために最近は、古い物、大切な物を

    省みることが少なくなりました。私、親父もついつい美味い酒と聞くと、

    あれやこれやと手を出してしまう。これをちょっと反省してみようと

    思うわけです。

     

     

    つまり、こんな ことをしていると地元の良い酒蔵が減って行く道理です。

    これを自然淘汰というのは簡単ですが、違います。

    残すべき酒、残すべき酒蔵を次ぎの呑兵衛に伝えるためには、愛情が必要です。

     

    例えて言えば、浮気はほどほどにして母ちゃんを徹底的に愛するぞ

    というようなことですか、

     

    今までの自分をふりかえれば、まるで光源氏がごとくに酒を愛する

    というような有様で、世間を見ても、世の中には

    銘酒だけを追いかける方もいらっしゃる。

     

    他の人が羨むような、または高額でお大臣しか買えないような酒を求める。

    それを最近ではユーチューブやインスタグラム、SNSで発信する。

     

    悪いとは言いませんが、何か本来の日本酒の愛し方、飲み方とは

    違うという違和感を感じるようになりました。ユーチューブが普及し、

    お金になるとわかった途端にユーチューバーなる方が増えてきた。

    (ごめんなさい。悪気ではありません。)

     

    昨日はテレビで映っていた方もユーチューブに数多く登場してくる。

    そうなると、だんだん本来の良さも、本質も薄れ、やがて飽和し、廃れていく。

    そうなった時には枯れ野のようになっているのではないか。

     

    そんな一抹の不安がよぎってしまったのであります。

     

    おいおい、だからどうするのだと問われれば、

     

    要するに、自分が愛する酒をメインに買い続けることが

    大事なんですね。この年になって、やっとそのことが腑に落ちる

    ようになってきたということです。

     

    この思いを貴方にも分かってほしいということでした。

     

    これからは一生添い遂げるような日本酒探しをしていきたい

    と思うわけです。自分がもっとも愛してやまない酒、

    究極ともいうべき日本酒は何だと言われると、これがまた難しい。

     

    長年の光源氏のような酒ライフではハタと答えに窮してしまう。

    貴方はどうです。自分のための銘酒を選ぶとなると、これはこれで至難の業。

    まるで独身男が理想の女性を求めるような感じでありますよ。

     

    脳裏に浮かんでは消え、また別の美人が現れる。

    そうした調子で全く埒があかない。

     

    親父が女房を選ぶときは、これほど悩まなかった。

    なぜ今悩む。不思議なものでありますねえ。

    結婚したときは深慮というよりは勢いだったのかな。

     

    まあ、これからは本気の酒さがしと参りましょうか。

     

    合掌

    author:酒呑仙人見習, category:酒呑仙人 物申す, 16:19
    comments(0), -
    Comment