RSS | ATOM | SEARCH
        
0
    時代劇に飢えている親父が求めるものは・・

    時代劇に飢えている親父が求めるものは・・

     

     

    最近のテレビで一番不足しているもの、それは時代劇です(断言)

    確かに池井戸さんの「半沢直樹」は面白かった。歌舞伎の方を起用

    したのも大きな成功の一因でしょう。

     

    そもそも歌舞伎の派手な隈取りや表現、挙措動作のメリハリの良さ

    そして、何より勧善懲悪の気持ち良さは溜飲が下がります。

    比べてはいけないが、韓流の結末における後味の悪さには辟易します。

     

    そうこう考えていると、挙措動作のメリハリ、勧善懲悪といえば

    行き着く先に時代劇があるわけです。「大岡越前」「水戸黄門」「桃太郎侍」

    は時代を越えて『修身の教科書』と言っても過言ではありません。

     

     


    時代劇は日本人の正義感を取り戻す


     

     

    日本人が共通意識として持っている価値観や道徳の観念は

    昭和の時代には疑うことのない確かさがあったように思います。

    そして、それを補い、助けたのは時代劇だった気がするのです。

     

    こんなに日本の時代劇は豊かだった。写真で見る時代劇

     

    「水戸黄門」では毎週、毎週、悪人が懲らしめられる様を

    見て、祖父などは水戸黄門よろしく『悪の栄えたためしはない』

    などと孫達に念を押していた記憶があるのでありますな。

     

    今のドラマは悪人の側に寄り添い、罪を犯した者への同情や

    韓流のようにお金に汚く、いじめばかりを繰り返し、極端な話の

    展開ばかりを毎回、見せられては頭がおかしくなります。

     

    ついでに言えば、どうして主人公がいつも医者。弁護士・金持ち・刑事

    ばかりなのと思ってしまいます。

     

    昭和のドラマは庶民を普通に描いており、それが共感につながった。

    だから、最近は見るべきものがない状態にー。

    ちょっと不満を、いや本音を吐き出しました。

     

     


    日本人が演じてこそ時代劇


     

     

     

    今日は頭から喧嘩ごしの論評ですいません。

    日本の時代劇は日本人が基本、演じて欲しいが親父の本音です。

    確かに、日本人でなくてもこれは良いという俳優さんもいます。

     

    例えば、杉良太郎さんは在日のようですが

    時代劇の作品的には違和感がなかった。それは撮る側のスタッフ

    などにもよったと思うのです。ところが最近ときたら

     

    見る顔、見る顔、ほとんどが半島人の血だとわかる。

    こうなると時代劇じゃない。残念なことです。

     

     


    日本の意図的な歴史破壊を目論む時代劇にはNOを


     

     

     

    さらに踏み込んで言いたいのは、面白おかしさを越えて

    意図的に日本の歴史を茶化すストーリーには違和感よりも

    不信感が募ってくるのであります。

     

    先日会った高校生が「この信長面白いよ」と渡された本が

    「信長協奏曲」、うん協奏曲?信長?信長コンツェルト?

    はあああ〜はあああ〜

     

    しかもご丁寧に「第57回小学館漫画賞少年向け部門」を受賞とある

    小学館という会社も、もう信頼にあたらない企業だなと

    ふと思ってしまう年寄りです。

     

    あなたはこの話を知ってますか?

     

    ありがちなタイプスリップの馬鹿話、

    『ふざけ過ぎだわ」と思いつつこれには歴史破壊の匂いを感じてきています。

    最近の時代劇はみんなこの手の作品ばかり

     

    【親父が気になった時代劇モドキから】

    本能寺ホテル

    清洲会議

    信長協奏曲

    サムライ先生

    大奥男女逆転

    JIN-仁

    高速参勤交代

     

    今更ながら、まともな、真面目な、時代劇がもう見られないのか

    きっと、今の子供らは、これが時代劇だと思うのだろうなあ〜

     

    上に挙げた作品を、親父は敵視しているわけではないんですよ。

    全部見ましたから、個人的には「サムライ先生」はおすすめです。

    ただ「大奥男女逆転」はいただけません。

     

    あまりに史実を越えて創作ものばかりに走ると

    韓流のような100%ファンタジーだらけの時代劇になるのではと

    心配しているのでありますよ。

     

     

    本日もお読みいただきありがとうございます。

     

    合唱

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


     

    author:酒呑仙人見習, category:酒呑仙人 物申す, 08:52
    comments(0), -
    Comment