RSS | ATOM | SEARCH
        
0
    防寒対策は下着から、ヒートテックでお〇〇〇を守ろう

    防寒対策は下着から、ヒートテックでお〇〇〇を守ろう

    今年はコロナで心が奪われているうちに何時のまにか

    寒い季節になってきました。親父は昨日から半そでから長袖へ、

    下半身も股引に衣替えであります。

     

    健康であるためには「身体を冷やすのが一番よくない」

    祖父母が言っていたことがあります。そうしたことが実感できる年

    になってまいりましたね。

     

    日本列島は長いから、お住まいの地域によっては

    まだまだ半そでステテコでもいいよと仰る向きもあるとは思いますが

    「冷え」にはお気をつけいただきたいものです。

     

    元来、男子たるものは冷やしていいのは「おいなり」と「頭」くらいの

    ものでございます。

     

    今年の冬は風邪が簡単にひけない。風邪でもコロナのような扱いを受ける

    のではと、ついぞ心配になろうと言うものです。昭和なら「ゴホン」と言ったら

    龍角散で許されたものが、最近はそうではない。

     

    ※「ゴホン」と言ったら龍角散は昭和で流行ったCMです。

    行きつけの病院で、咳をした老人を一斉に睨みつける。看護婦が来て熱を測る

    いきなり窓を開けて換気を始める。咳ひとつでこんな状態です。嘘だと思ったら

    皆さんも病院で咳き込んでみてください(刺激的ですよ)

     

    シニアの防寒対策グッズはこれだ

    子供の頃は大嫌いだった毛糸のパンツ。ちくちくささる。こんな記憶のある方も

    昨今は減ってきたと思いますが、現代はヒートテックの下着がこれに代わって

    います。

     

    ●ヒートテックの下着類 

    親父がヒートテックを愛用し始めたのは最近のことです。

    娘に勧められたからですが、一度着始めると、もう元には

    戻れません。

     

    今はこのヒートテックの下着に作務衣の上下だけというのが

    定番になっています。もちろん足袋も履いていますがね。

     

    ●マフラー

    冬には欠かせないアイテムです。親父は自分で買うというより

    頂き物が多かったので、愛用させてもらっています。

    しかし、正直なところ、マフラーは良し悪しがはっきりする商品です。

     

    やはり生地や織り方でまったく違いますな。カシミヤだと

    軽くて暖かい。セーターなどもそうですがね。ウールだと

    優しく包まれた感じするし、甲乙はつけがたいところがあります。

     

    ちなみに普段から作務衣しか着ていない親父でも、マフラーは

    コーディネートとしても違和感はありません。むしろ、和装には

    しっくりきます。

     

    ●スキットル

     

     

     

    常連の読者の皆様を裏切ってはいけません。やっぱり、そうきたか

    とお思いですよね。そうです。秋から冬にかけてはね、ちょいと

    これなしでの外出は考えられません。

     

    カミさんに誰何(すいか)されても、防寒対策の一言で切り抜けます。

    そもそもスキットルはスコッチなどのウイスキーですが、小生は純米酒

    をしっかりと仕込んで外出というわけです。

     

     

    喫煙する方は煙草入れとライターが外せませんが、酒飲みにスキットルは欠かせません。

    しかし、まあ西洋人ほど普及しているとは思えませんが、この際、おすすめしておきます。

    但し、車を運転する方はいけませんよ。

     

     

    作務衣を着用するようになって気づいたのは、作務衣の上着にスキットルが

    みごとに収まったという感激です。しかもスキットルは適度に人肌で燗された

    飲み頃になるという寸法です。

     

    スーツだとスキットルが微妙に大きすぎて

    財布や手帳、万年筆のほかにスキットルではいささか・・・

     

    私が愛用するスキットルは家内の親父の遺品です。

    ちょっと紹介するには思い入れと年代物で控えました。

     

    ※アマゾンでスキットルを見る

     

     

    最後に本日のお題にある。お〇〇〇の答えでございますが

    「おいなり」と答えた方は×でございます。

     正解は「おからだ」でございます。

     繰り返しますが「おいなり」は温めてはいけません。

     

    本日は親父なりの防寒対策をご紹介いたしましたが

    いつも男性向けのお話で恐縮です。

    もし、女性がいらっしゃいましたらご容赦。

     

     

    合掌

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    author:酒呑仙人見習, category:お茶話, 21:48
    comments(0), -