RSS | ATOM | SEARCH
        
0
    酒燗器で熱燗、ヌル燗、人肌燗が自在。しかも怒らない。ええ器械やで

    JUGEMテーマ:グルメ

    このブログはお急ぎでないときに

    暇つぶしのつもりで軽〜い気持ちでお読み

    いただけると幸いです。

     

     

     熱燗はおかんに任せられん。

     娘はもっと任せられんというお話を

     

    この季節、日々寒い日が続いています。

    こうなると身体を温めるには、やはり熱燗に限ります。

     

    熱燗には純米酒となるのですが

    本日は酒ではなく

    温める方法について

     

    皆さん、ご自宅で熱燗はどのようにされて

    いますか。お鍋やポットで、

    こだわっている方はもしや

     

    居酒屋さんのような酒タンポや酒かん器を

    お持ちでしょうか。我が家にも実はナショナルの

    酒かん器が埃をかぶってしまわれていたわけです。

     

    正直、熱燗はお鍋にお銚子をいれ

    温めておったのですが

    この極めて昭和的なやり方は

     

    年期と勘が大切でして、

    ここぞというときに

    お湯からだす。

     

    これがなかなかに難しい。

    ウチの山の神も、酒好きにしては

    不器用。

     

    熱燗を通り越して沸騰するなどの失敗を

    繰り返しているのであります。

     

    我が血を色濃くもつ娘も酒好きですが

      熱燗の温度など微塵も気にかける様子がない。

    「燗してこい」というと

    冷たい、熱いの極端。

     

    「うまくない。塩梅が悪い」というと

    怒り出す始末でございます。

     

    実を言いますと私も不器用な方でして

    ひげを剃れば血だらけ、燗をすると

    必ず火傷といった具合なんです

     

    こうなると志願者がへるわけです。

     

    いたしかたなく埃まみれの

    酒かん器をだしてきたのであります。

     

    幸いに埃をかぶっていたのは箱だけで

    中身は無事だったようです。

     

    すみません。写真は横倒しで

    技術がないので縦になりまへん。

     

    見たとおり、年代物です。型番

    は 酒かん器 NC-31。

     

    例えるなら

     

    酒かん器における5Gの時代の1Gみたいな

    感じですか。ヤフオクでも売ってないだろうと

    推測されますね。

     

    もう、これ完全に生産中止ですわな

    でも、まあ使えるだけ使いましょう

    ということで

     

    本体はこれです。

    見づらくてごめんなさい。

    全体の見た目はこんな感じです。

    上のグラス部分に目盛りが1合単位で

    入ってます。

     

    下は調節部分を拡大したものです。

    温度調節:アツ(65℃)ナミ(55℃)ヌル(45℃)

    ´↓は酒の量で調整

     

    まあ、私はしばらくコレを使いますが

    酒かん器って進化してるのか気になりますね。

     

    そのうち調べてみようかと思っています。

     

    誰にも文句を言われず。やけどもせずに飲めそうなので、

    ひとまず安心というわけです。

     

    合掌

     

     よろしければこちらの記事もどうぞ

     

     「おかん」は「お燗」で人肌がいいという日本酒の温度の話です。

      ■ 燗の温度帯の説明を入れてあります。 

     

       肌に日本酒は効く。私も昨晩美容してみました。結果美肌へ

     

     

     

    ブログサークル
    ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

     

     


     

    author:酒呑仙人見習, category:お酒のあれこれ, 16:35
    comments(0), trackbacks(0)
            
    0
      令和は日本酒復興の元年になる。理由は米にある。

       


       



       

      令和は日本酒復興の元年になる。

        理由は米にある。

       お米=酒米=原料米について考えるの巻

       

       昨今、日本酒ほど飲みどきの酒はないのです。

       

      その理由は簡単に言うと、米がよくなったからです。

       

      昨日は四季桜とちぎの星のご連絡をしましたが

      正直言ってとちぎの星は酒をつくるための

      米ではありませんでした。

       

      だからといって旨くない酒なんてことはなく

      精米率65%の立派な純米酒が誕生した。

      たいしたものです。

       

      しかもあれだけブームになり人気になった。

      栃木の方にとって、まさに希望の星、栃木の星なんだろうと

      思います。

       

      先日の水害で同じ栃木の酒蔵

      「開華」で有名な第一酒造 さんが被災されました。

      まさに悲喜こもごものようですが

       

      皆さん頑張っておられるわけで。

      そうした中でも進化してきた。

      米文化の結晶が日本酒です。

       

      酒米といって有名なのは山田錦、五百万石

      美山錦などですが、兵庫や新潟に限らず

      最近では北海道で栽培される吟風などもあり

       

      日本全国で酒米が豊富になると同時に

      酒蔵さんがみずから田圃をつくっている

      または農家と契約酒して原料米をつくるなど

       

      といった良い米づくりの環境が戻ってきているのは

      うれしいですね。戦後の食糧難で米は食べる方優先で、

      酒米は後回し(当然ともいえますが)

       

      その結果、三倍増醸酒という

      日本酒とは呼べない偽物を生み出した

      それが日本酒離れの原因だと思っています。

       

      つらつら書いてきてお前何が言いたい

      「今日はくどいぞ」とあちらこちらから言われそうですが

       

      戦前の酒米づくりに戻りつつある

      だから、今日は酒の味がよくなっているんだ。

      みんなが日本酒はおいしい。

       

      外国人にもライスワインは

      いけるねとなるわけです。

       

      飲みながら書いたので

      本日はくどい。くどい。絡み酒だな。

      ちょっと本音を

       

      後でこれ読むのつらいなあ

       

      酔っ払ってます。




       

      合掌

      続きを読む >>
      author:酒呑仙人見習, category:お酒のあれこれ, 16:02
      comments(0), trackbacks(0)
              
      0
        「おかん」は「お燗」で人肌がいいという日本酒の温度の話です。

         

        酒飲みは温度が命。

         

        何の話かわからん。忙しいからはよ言え

        とお叱りをいただきそうでありますが

         

        そう温度なのであります。

        寒くなってきましたから

         

        本日は「お燗」の話であります。

        お燗といいましても

         

        日向燗(30度前後)

        人肌燗(35度前後)

        ぬる燗(40度前後)

        上燗(45度前後)

        熱燗(50度前後)

        飛び切り燗(55度前後)

         

        とあるそうでございまして、

        ここまで意識して燗酒を飲んできた

        覚えはないのでありますが

         

        酒が好きだと公言するにおいては

        基礎知識は大切なのであります。

         

        できることなら居酒屋あたりで

        「飛び切り燗にして。」などと通なことを

        言ってみたい。

         

        まあ、ホントに言ったら居酒屋の大将から

        飛びっ切り怒られそうなんですがね。

         

        まあ大事なのは

        自分が美味しく飲める温度であります。

         

        よく研究した方がいらして

        おすすめって言うのがこれ。

         

        本醸造酒は「35度〜40度」・・・・・人肌燗・ぬる燗

        純米酒は「15〜30度」・・・・・・・日向燗

        吟醸・大吟醸は「5度〜10度」 ・・・冷やで飲むのがよい

        純米吟醸・純米大吟醸は「10度〜15度」

        原酒・生原酒は「5度〜10度」で引き締める

         

        これをざっと見た限り

        頭の悪い親父でも分かるのは

        「お燗」に適した酒は

         

        本醸造酒と純米酒あたりかな

        と思うわけであります。

         

        これからは鍋で一杯ときたら

        この辺りが旨そうだということですか。

         

        ちなみに私はぬる燗、人肌燗が

        好きなのであります。

         

        今夜辺り

         

        「おかんに人肌でどうよ」

         

        などと声かけようかと思うのですが

         

        如何に・・

         

        ーーーーーーーーーーーーーーーー

        おお、また誓いを破ってしまった。

        今の発言は

         

        「お燗は人肌でどうよ」

         

        の言い間違いでした。

         

         

         

        JUGEMテーマ:グルメ

         

        author:酒呑仙人見習, category:お酒のあれこれ, 18:00
        comments(0), trackbacks(0)
                
        0
          美肌に日本酒は効く。私はも昨晩美容してみました。結果美肌へ。

           

           

          晴天の霹靂といいますか

           

          最近、買いためてある

          一升瓶の減りが早い

           

          夜にねずみがイタズラでもと

          思ってましたら

           

          風呂場に一升瓶をもっていく

          娘を発見。

           

          あろうことか、ドボドボと一升を

          惜しげもなく・・

           

          思わず言葉を失う私。

           

          「こらあ、なんということを」

           

          娘曰く

           

          「日本酒は美肌になるの、さっきお母さんと話して

          きめたのよ。藤原紀香もやってるの。」

           

          藤原紀香・・・

           

          『誰だ』と思う親父です。(芸能人音痴です)

           

          「飲み物を風呂などにもったいない」と怒鳴っていると

          カミさんがやってきて、美容液になるのお酒は などと

          いきまくものですから

           

          やり場のない憤りを抱え

           

          親父は情けなくも退散するのでありました。

           

          『お酒は美容液になると言っても・・・ブツクサ

          なにも・・パックの日本酒でよかろうもの』

           

          娘によると、件(くだん)の藤原紀香なる方が

          使っている、浸かっているのは「美肌」という日本酒とのこと

          芸能人はとんでもないことを流行らせてくれる

           

          参考までにアマゾンの日本酒「美肌」のサイト

           

          なんと純米酒じゃないか。

          300ミリ 12本で 5333円

           

          そしたらそっちを買いなさいっての

           

          とほほほ・・俺の純米酒が

           

          ( 2時間後 )

           

          いやああ。日本酒のお風呂はいいね。

          なんか心なしか、身体があったまるし、

          色も白くなったような。


           

          という昨晩のできごとでございました。

           

           

           

          JUGEMテーマ:家庭

          author:酒呑仙人見習, category:お酒のあれこれ, 17:29
          comments(0), trackbacks(0)
                  
          0
            ツイートに感謝。同時に顔汗。反省する親父でした。

             

             ニノミヤ様そして第一酒造の皆様へ

             

             台風19号記事にツイートしてくださった

             ニノミヤ様、

             ご覧くださってありがとうございます。

             

             お父様が開華をお造りになってる杜氏さんと伺って

             本当に驚いてしまいました。

             いつも感謝して愛飲いたしております。

             

             お話によると

             流れ込んだ土砂の撤去に時間がかかっていて

             仕込んでいたものも厳しい

             とのことですが

             

             開華を愛飲する日本の多くの皆さんが

             本当に復興を願っています。

             けっして心落としのないよう頑張ってください。

             

             また多くの被災者の皆様にも合わせて

             お見舞い申しあげます。

             

            ----------------------------------------------------------------------

             

            ・・・・・

             

            実にどうも

             

            ニノミヤ様は文面から女性のようなので

             

            昨日の10月17日の内容は

             

            ぜひお読みにならないでくださいね。

             

            昨日の親父は飲み過ぎて

             

            頭が変になって書いていたのでして

             

            あの・・・(汗)

             

            いや、その、

             

            全くお恥ずかしい。

             

            まさか女性が読むとは思ってもいなかったもので

             

            今、反省につぐ反省を・・・


             

            今後はまじめに

             

            ハイ。

             

            本日はこんなところで、

             

            本当に恥ずかしいかぎりです。

             

             

             

            追記

             

            第一酒造さまの被害状況を伝える日経新聞の記事 

            浸水被害に負けない 栃木の事業者、ドロ処理など懸命

             

             

             

            JUGEMテーマ:日記・一般

               

            author:酒呑仙人見習, category:お酒のあれこれ, 17:19
            comments(0), trackbacks(0)